始める前に。
非同期コース「失語症のリハビリテーション"現在利用可能です。 最新のエビデンス、最良のリハビリテーションアプローチ、治療のヒント、ダウンロード可能な多数の資料に関する4時間以上のビデオが含まれています。 一度購入すると、コースは永久に利用可能になります。 価格は付加価値税込みで80ユーロです。

最後のものから得られる(いくつかの)長所のXNUMXつ 脳卒中後失語症のコクランレビュー (2016)は、言語療法は集中的でなければならないということです。 要するに、多くの時間は数時間よりも優れており、作業が多いほど優れています。 しかし、この原則から始めても、 集中治療の意味が明確ではありません そして、実際に毎週何時間費やすべきか。

実際、集中治療は次のもので構成されます。


  • 週に何時間も数週間
  • より短い期間でXNUMX日より多くの時間を

Bhogal、Teasell and Speechley(2003)によると、集中治療には 少なくとも週に8時間、2か月または3か月。 また、同じ記事では、より短い期間で「圧縮」された集中治療は、より長い期間に広がった治療よりも多くの結果をもたらすことができると指定されています。

一部の著者は、式を使用して治療の強度を計算しようとしました。

  • 累積介入強度 (Warren et al。、2007):用量1 x投与頻度2 x総介入期間
  • 治療強度比 (Babbitt et al。、2015):治療プログラムの治療時間数を潜在的な治療の合計時間数で割ったもの

最近 治療プロトコル 彼らはすでに介入用量が投与されることを予見している。 これは、たとえば、 CIAT (制約誘発性失語症療法)またはILAT(集中言語行動療法)。治療には3日4〜XNUMX時間、XNUMX週間かかる場合があります。

一般に、すべての文献を調べて、引き出すことができる唯一の結論は、 高い線量頻度2 早い段階で優先されます 最大限の改善を得る。 後の段階で、これらの改善を維持するために遭遇を減らすことを検討することが可能です。

1 用量:XNUMX回のセッション中の教育エピソードの数
2 投与頻度:単位時間に投与された回数(例:XNUMX時間ごと)

参考文献

Babbitt EM、Worrall L、Cherney LR 集中的で包括的な失語症プログラムからの構造、プロセス、および遡及的結果。 Jスピーチラングパソルです。 2015年24月; 4(854):S63-XNUMX

Bhogal SK、Teasell R、Speechley M.失語症治療の強度、回復への影響。 脳卒中。 2003年34月; 4(987):93-XNUMX。

ブレイディMC、ケリーH、ゴッドウィンJ、エンダービーP、キャンベルP.脳卒中後の失語症の言語療法。 システマティックレビューのコクランデータベース2016、第6号。 

Warren SF、Fey ME、Yoder PJ 差別的治療強度研究:最適に効果的なコミュニケーション介入を作成するための欠落したリンク。 Ment Retard Dev Disabil Res Rev. 2007; 13(1):70-7。 

入力を開始し、Enterキーを押して検索します

エラー: コンテンツは保護されています!
失語症:どのアプローチを選択するか後天性書字障害