成人では、後天性書字障害(または失書)は、書く能力の部分的または完全な喪失です。 これは通常、脳損傷(脳卒中、頭部外傷)または神経変性疾患の後に発生します。 書く過程に関わる要素はたくさんあるので(文字の知識、それらを覚えておくための作業記憶、文字を書くための実用的な能力)、そしてはるかに、 さまざまな種類のアグラフィーがあります これは、「中央」(したがって言語処理)および「周辺」(パーキンソン病の顕微鏡写真などの言語ではない)の問題に起因する可能性があります。 でも ネグレクト それは明らかに書き込みの困難を引き起こす可能性があります。

Tiu and Carter(2020)[1]による最近のレビューは、さまざまなタイプのアグラフィーの間に秩序をもたらすのに役立ちます。

他の言語的側面も、執筆の外部のプラクシス的側面も損なわれない「純粋な」グラフィックがあります。 純粋な失書はで区別することができます 言語学 純粋な (言語と読みは無傷で、通常の手書きですが、通常は音韻論的および語彙のスペルミス)および 失行性失行症 純粋な (言語と読解は損なわれず、手書きは劣化し、作文に関連する実践のみを行うことが困難)。 明らかに、これらのXNUMXつの極の間には、両側に妥協した幹部が混在している可能性があります。


失語症のタイプに関連して、私たちは持つことができます:

非流暢な失語症の失語症書くことは通常失語症の特徴を反映しています。 生産は限られており、文字の欠落があります。 手書きはしばしば貧弱で、失文法が存在します。
流暢な失語症の失語症これでも、この文章は失語症の特徴を反映しています。 生成される単語の数は、造語の生成では過剰になる可能性があります。 文法的な要素は、名詞に関して過剰になる可能性があります。
伝導性失語症における失語症これに関する研究はほとんどありません。 それらのいくつかは、書面でさえ、話し言葉に存在する「導管d'approche」の現象に言及しています。

失語症のタイプを特定するために臨床医が利用できるツールは次のとおりです。

  • La 書道 (純粋な失行性失書の特徴的なマーカー)
  • Il 書き取り (言語学では妥協しますが、失行では妥協しません)
  • La COPIA (コピーが改善された文章は、言語レベルのより大きな障害を示している可能性があります)
  • 他の書き方 (たとえば、コンピューターやスマートフォンで)実用的なタイプの特定の問題を浮き彫りにすることができます
  • の執筆 言葉ではない:特にサブレキシカルレベルが影響を受けている場合、障害のレベルを区別することができます

参考文献

ティウJB、カーターAR。 失書。 2020年15月2021日。In:StatPearls [インターネット]。 トレジャーアイランド(FL):StatPearls Publishing; XNUMX年

入力を開始し、Enterキーを押して検索します

エラー: コンテンツは保護されています!
特権アクセス失語症